大地震から一ヶ月経過し、鐘撞き堂屋根の片づけが始まりました。

やっと落下した鐘撞き堂屋根の片づけが始まりました。
本堂も被災していますが、落下した鐘撞き堂屋根が道路をふさいでいるのでまず道路を開けるためにはじめています。
柱4本を欅に替え、石垣も手なおししなければならないようです。
鐘楼屋根を解体したら思っていたより大部傷んでおり復興には時間がかかりそうです。
鐘楼堂屋根は20トンあるそうで、25トンクレーンと3トンクレーン2台で移動しました。
本堂は倒壊までには至っていませんが、中に入って調べてた結果やはり欠損している部分が多く人が集まるのには危険であるとの事で、一度全てを解体して基礎からやり直しをするそうです。
しかし、まだ余震があるので本堂には手が付けられない状態です。

鐘撞き堂屋根
20160514gokurakuji03

20160514gokurakuji04

おすすめ記事

  1. 本堂一帯の基礎工事が始まりました。
  2. 鐘楼堂①(8月23日)
  3. 基礎はしっかり!
  4. 寒い朝です。12月
  5. 2月14日 少し暖かくなりました。
  6. 客間の工事が進んでいます。
  7. 7月11日 順調に進んでいます。
  8. 鐘楼堂も着々と

関連記事

  1. 鐘桜堂の土台は基盤から
  2. 被災した極楽寺の本堂内を撮影しました。
  3. 5月25日:一気に進んでいます(動画)
  4. 本堂の柱と基礎の復旧が進んでいます。
  5. 悪戦苦闘・・?
  6. 鐘楼堂は組み上げ待ち
  7. 復興は着実に。。。でも。。。
  8. 本堂と母屋間の増築

地震からの復興記録

PAGE TOP