復興の鐘が4か月ぶりに鳴りました。

4月16日の本震で倒壊した鐘撞堂と同時に鳴らなくなった鐘が4か月ぶりに鳴りました。
鐘撞堂が倒壊して以来、鐘撞堂の台に置かれたままだった梵鐘(ぼんしょう)の音が復活しました。
仮設ですが、鐘がなったことは大事な一歩となります。
今後、復旧が進んでいきますが、鐘がなったことは私たちに大変大きな勇気を与えてくれます。

パイプを組みま始めます。

パイプを組みま始めます。


1.5トンの鐘を吊り下げます。

1.5トンの鐘を吊り下げます。


檀家代表の鐘の音

檀家代表の鐘の音


順番に撞かせていただきました。

順番に撞かせていただきました。

おすすめ記事

  1. 客間の工事が進んでいます。
  2. 2018年仕事納めです。
  3. 鐘楼堂は組み上げ待ち
  4. 基礎はしっかり!
  5. 寒い朝です。12月
  6. 地蔵様がお立ちになりました。
  7. お寺の工事 その後・・ 10月29日
  8. 鐘楼堂②(8月29日)

関連記事

  1. 鐘桜堂の石垣修復60センチほど高くなりました。
  2. 被災した極楽寺の本堂内を撮影しました。
  3. お地蔵様が首がとれて倒れとるとよー
  4. 大地震から一ヶ月経過し、鐘撞き堂屋根の片づけが始まりました。
  5. 本堂一帯の基礎工事が始まりました。
  6. 復興は着実に。。。でも。。。
  7. 5月23日 進展してます。
  8. 最後のお仕事

地震からの復興記録

  1. 最後のお仕事
PAGE TOP