復興の鐘が4か月ぶりに鳴りました。

4月16日の本震で倒壊した鐘撞堂と同時に鳴らなくなった鐘が4か月ぶりに鳴りました。
鐘撞堂が倒壊して以来、鐘撞堂の台に置かれたままだった梵鐘(ぼんしょう)の音が復活しました。
仮設ですが、鐘がなったことは大事な一歩となります。
今後、復旧が進んでいきますが、鐘がなったことは私たちに大変大きな勇気を与えてくれます。

パイプを組みま始めます。

パイプを組みま始めます。


1.5トンの鐘を吊り下げます。

1.5トンの鐘を吊り下げます。


檀家代表の鐘の音

檀家代表の鐘の音


順番に撞かせていただきました。

順番に撞かせていただきました。

おすすめ記事

  1. 本堂一帯の基礎工事が始まりました。
  2. 本堂の工事進みました 9月11日
  3. 2018年仕事納めです。
  4. 寒い朝です。12月
  5. 鐘楼堂も着々と
  6. 地蔵様がお立ちになりました。
  7. 屋根が出来つつ・・・
  8. 7月11日 順調に進んでいます。

関連記事

  1. 鐘楼堂も着々と
  2. 2017年 秋、再び甦りました。
  3. 客間の工事が進んでいます。
  4. 7月11日 順調に進んでいます。
  5. 天蓋がつきました。
  6. 本堂の工事も雪に阻まれました
  7. 鐘楼堂は組み上げ待ち
  8. 復興は着実に。。。でも。。。

地震からの復興記録

  1. 最後のお仕事
PAGE TOP