お知らせ一覧

  1. 噴火の翌日夕焼け

    噴火翌日10月9日18:05の夕焼け。極楽寺より南西方向の景色です。何もなかったような綺麗な阿蘇のすそ野です。メディア報道では、(大げさな)騒々しい騒ぎとなっているようですが、極楽寺は平穏です。…

  2. 極楽寺周辺の散策路

    極楽寺周辺の散策路、阿蘇神社の裏手散策路は、通り過ぎてしまうので惜しいような水の流れがあります。豊富な湧き水が小川を作り、数万年かけて極楽寺本堂の下の桜の広場を削り取りながらつくっていった時間の流れを感じると時が経つのを忘れます。…

  3. いたるところから泉が湧く

    阿蘇市内には泉が湧く場所が多数あります。特に阿蘇神社付近には集中しています。散策しながら見つけてみてください。…

  4. ボランティアのみなさんが・・・

    夏休みを利用して複数のボランティアの方々に奉仕してもらいました。遠くは東京、千葉県からも来ていただきました。お陰様で、桜の広場、もみじの杜はきれいになりました。…

  5. 樹齢400年のイチョウに見守られて・・・

    4月の地震で本堂は全損壊、平成24年に建立したばかりの鐘撞堂も倒壊してしまいましたが、私たちは時の流れに任せています。何も変わらない大イチョウが見守ってくれています。…

  6. 内牧温泉の花火大会が見えました。

    阿蘇市内牧で開催された「大阿蘇火の山まつり」の花火が極楽寺からも見えました。復興の花火ですね。極楽寺から直線で約10kmですが、花火の高さから極楽寺がある一の宮町宮地から内牧はずいぶん低いことがわかります。だから水の流れも内牧方面に向かっているんですね。※外輪山右のこぶ部分が…

  7. 極楽寺の大イチョウ

    極楽寺境内には樹齢400年と云われる大イチョウが隆々として鎮座しています。あらためて幹周りおよび直径を計測してみました。幹周りは5m12cm、直径は胸高で1m60cmありました。…

  8. 花祭り

    平成28年4月8日の花祭りです。お釈迦様の生誕をお祝する日としての行事です。甘茶汲みをして頂き本堂にて御接待を致します。どなたでも参加できます。…

  9. 大晦日のお知らせ

    平成27年12月31日23時30分極楽寺鐘楼に於いて除夜の鐘を撞くことが出来ます。除夜の鐘を撞いて一年の邪気を払い新たな歳を迎えたいものですね…

  10. 第12回お月見の会

    H27年9月26日前座 曹洞宗御詠歌≪プログラム≫1部:馬頭琴(マイラス氏)・スーホの白い馬・天の風・荒城の月・母なる大地・慈愛・ふるさと・万馬の轟  他 ≪プログラム≫2部:声楽(本松 美和)、ピアノ(砂泊 宇希)・からたちの花 北原白…

PAGE TOP