復興の鐘が4か月ぶりに鳴りました。

4月16日の本震で倒壊した鐘撞堂と同時に鳴らなくなった鐘が4か月ぶりに鳴りました。
鐘撞堂が倒壊して以来、鐘撞堂の台に置かれたままだった梵鐘(ぼんしょう)の音が復活しました。
仮設ですが、鐘がなったことは大事な一歩となります。
今後、復旧が進んでいきますが、鐘がなったことは私たちに大変大きな勇気を与えてくれます。

パイプを組みま始めます。

パイプを組みま始めます。


1.5トンの鐘を吊り下げます。

1.5トンの鐘を吊り下げます。


檀家代表の鐘の音

檀家代表の鐘の音


順番に撞かせていただきました。

順番に撞かせていただきました。

おすすめ記事

  1. 客間の工事が進んでいます。
  2. 鐘楼堂①(8月23日)
  3. 鐘楼堂は組み上げ待ち
  4. 鐘楼堂②(8月29日)
  5. お寺の工事 その後・・ 10月29日
  6. 鐘楼堂の足場を取り払います。
  7. 本堂の工事進みました 9月11日
  8. 鐘楼堂も着々と

関連記事

  1. 畳が入りました。
  2. 本堂の柱と基礎の復旧が進んでいます。
  3. 首折れ地蔵がお立ちになりました。
  4. 捲土重来の鐘(けんどちょうらいのかね)
  5. 鐘楼堂は組み上げ待ち
  6. 窓が付きました。
  7. 着々と・・・
  8. 仮柱にて補強しました。

地震からの復興記録

  1. お知らせ
  2. 新山門!
PAGE TOP