捲土重来の鐘(けんどちょうらいのかね)

極楽寺の鐘に思いを込めて名前がつきました。

 捲土重来の鐘(けんどちょうらいのかね)
  意味:一度敗れし者が再び勢いを盛り返し巻き返す
2016年、4月14日、16日未曾有の地震により本堂、鐘楼堂(しょうろうどう)共に全壊しました。
檀信徒、ご寺院の御協力のもと、鐘楼は2017年、本堂はもうすぐ復興します。

 「再び甦る」鐘の音と共に・・・

*地震の際に鐘についた傷を撫でて下さい。

おすすめ記事

  1. 鐘楼堂の足場を取り払います。
  2. 本堂の工事進みました 9月11日
  3. 寒い朝です。12月
  4. 鐘楼堂②(8月29日)
  5. 客間の工事が進んでいます。
  6. 2月14日 少し暖かくなりました。
  7. 基礎はしっかり!
  8. 7月11日 順調に進んでいます。

関連記事

  1. 秋近し・・?
  2. 首折れ地蔵さまの囲いがとれました。
  3. 本堂での法要
  4. 仮柱にて補強しました。
  5. 本堂の工事(8月4日)
  6. お地蔵様が首がとれて倒れとるとよー
  7. 壁が少しずつ出来てきました。
  8. 着々と・・・

地震からの復興記録

  1. 山門の起工式
  2. 最後のお仕事
PAGE TOP