捲土重来の鐘(けんどちょうらいのかね)

極楽寺の鐘に思いを込めて名前がつきました。

 捲土重来の鐘(けんどちょうらいのかね)
  意味:一度敗れし者が再び勢いを盛り返し巻き返す
2016年、4月14日、16日未曾有の地震により本堂、鐘楼堂(しょうろうどう)共に全壊しました。
檀信徒、ご寺院の御協力のもと、鐘楼は2017年、本堂はもうすぐ復興します。

 「再び甦る」鐘の音と共に・・・

*地震の際に鐘についた傷を撫でて下さい。

おすすめ記事

  1. 屋根が出来つつ・・・
  2. 本堂一帯の基礎工事が始まりました。
  3. 7月11日 順調に進んでいます。
  4. 2月14日 少し暖かくなりました。
  5. 鐘楼堂は組み上げ待ち
  6. 基礎はしっかり!
  7. 鐘楼堂①(8月23日)
  8. 寒い朝です。12月

関連記事

  1. 2018年仕事納めです。
  2. 本堂の工事も少しづつ・・・
  3. 首折れ地蔵がお立ちになりました。
  4. 本堂の壁が取り外されました。
  5. 大地震から一ヶ月経過し、鐘撞き堂屋根の片づけが始まりました。
  6. 本日は鐘楼堂の基礎工事
  7. 本堂の柱が元に戻りました。
  8. 灯りがつきました。

地震からの復興記録

  1. 完成間近
  2. 山門の起工式
  3. 最後のお仕事
PAGE TOP