神様の結婚式(番外編)

3月17日
火振り神事が阿蘇神社にて行われました。
御前迎え(火振り神事)は五穀豊穣を祈る神事「田作り祭」の一環として行われるものです。
松明に火をつけて振り回し、姫神をお迎えします。
姫神が阿蘇神社に到着して神婚の儀が行われ、年祢の神と姫神の神輿(みこし)は
血原-奥の園と移動し弓が放たれます。年祢社の前を通り、阿蘇神社の賽(さい)木(ぎ)前で
再び矢を放ち、社家宅へ安置されます。
かつては、宮地の町が火の海になるぐらい松明を振り、神様の神婚の儀を祝いました。
また、これにより火災やケガ人が出たことは一度もありません。
(阿蘇ペディア抜粋)



子どもも大人も皆其々に振っていました。

地震からの復興記録

  1. 秋近し・・?
PAGE TOP