完成間近

新しい山門はもうすぐ完成です。
この木鼻彫刻、頭上にあるのでなかなか見ないかもしれませんのでこちらで
御覧ください。


貘鼻(ばくはな)
 中国の想像上の動物の彫刻:鼻は象、目は犀、毛は牛、足は虎で銅や鉄を食べ、人の悪夢を食べてくれるという。
獅子鼻
 獅子をかたどった彫刻:ライオンのこと。インドでは王や仏の守護神とされている。
各種の装飾に用いられた。



木鼻彫刻(きばなちょうこく)
頭貫(かしらぬき)の先端が柱より出ている部分のことをさしています。簡単にいうと、木の端という意味です。

山門から邪気を払う、という意味でこの木鼻彫刻が作られたのかもしれません。

おすすめ記事

  1. 2018年仕事納めです。
  2. 鐘楼堂は組み上げ待ち
  3. 鐘楼堂も着々と
  4. 客間の工事が進んでいます。
  5. お寺の工事 その後・・ 10月29日
  6. 屋根が出来つつ・・・
  7. 鐘楼堂の瓦工事は今日で終了です。
  8. 地蔵様がお立ちになりました。

関連記事

  1. 本日は鐘楼堂の基礎工事
  2. 仮柱にて補強しました。
  3. 棟上式 10月5日
  4. 捲土重来の鐘(けんどちょうらいのかね)
  5. 鐘楼堂の足場を取り払います。
  6. 鐘楼堂の組み上げ(動画)
  7. 山門が着々と・・・
  8. 灯りがつきました。

地震からの復興記録

  1. お知らせ
  2. 新山門!
PAGE TOP